ドラマ「M」浜崎あゆみ役の安斉かれんって誰?

浜崎あゆみさんの自伝的小説「M 愛すべき人がいて」がドラマ化され、
2020年4月18日から放送開始しています。
主人公の浜崎あゆみさん役を務めている、安斉かれんさん。

今まで名前を聞いたことがなかったので、どんな方なのか、
どんなジャンルで活動している方なのか調べていきたいと思います

安斉かれんさんってどんな人?

生年月日:1999年8月15日(現在20歳)
出身:神奈川県藤沢市
身長:158㎝
活動ジャンル:歌手、女優、モデル
活動開始:2019年~

・母がフィリピン人のハーフ
・ポス(ポストミレニアル)ギャルと呼ばれる次世代型ギャルの一人

小学生の頃に、エレクトーンを習い始め、
中学生になると吹奏楽部に入部しアルトサックスを担当。
アルトサックスとは、一般的によく見かけるサックスです。

高校1年生の時に、歌手デビューのためではなく、
音楽が好きでavexの原宿アカデミーに通い始める。

そして、渋谷の「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」 の店員として働き、
多数のファッションメディアに登場していた。

「RELECT by RUNWAY CHANNEL Lab.」とは、
ファッションを中心に据えつつ、次世代の音楽キュレーションや、
SNS向けのフォトジェニックなスポットを盛り込んだ、
通常のアパレルショップとは一線を画した、
”NEWEST”なカルチャーショップ。

2019年3月16日~5月中旬まで渋谷スペイン坂にある、
「RUNWAY CHNNEL Lab.」に、エイベックスのクリエイティヴ・レーベル
”2nd function”が手掛け、期間限定でオープンしていた。

去年のことなのに、全然知りませんでした!
渋谷は人が多く、若者の街というイメージなので、
最近は足が遠のいていて情報に疎くなっていますね。(笑)

芸能界活動

2019年4月にRELECTを通じて、安斉さんのことを知った、
「M・A・C JAPAN」からの依頼により、女性アーティストとしては初となる、
コスメティック・ブランドM・A・Cの店頭コレクションのビジュアルモデル
3か月連続で務めることとなる。

2019年5月1日、16歳の時に書いた
「世界の全て敵に感じて孤独さえ愛してた」で
デジタルシングルを発売しデビュー。
7月1日には、2枚目のシングル「誰かの来世の夢でもいい」、
10月1日には3枚目のシングル「人生は戦場だ」を発売。
この曲は、テレビ東京系アニメ「ブラッククローバ」の
エンディング曲として起用された。
3曲とも、サブスクリプション音楽ストリーミングサービス限定シングル
として発売され、全国のタワーレコード店頭限定で8㎝CD仕様で発売された。

今までに、2回ライブパフォーマンスを披露しているが、
2回とも直接観客の前には姿を見せていない。

3曲ともタイトルが斬新ですね!
作詞も安斉かれんさんがしています。

歌詞には、「リアルタイムで素直な気持ち」を書いていて、
その時にしか生まれない感情を飾らずに書くことを意識しているが、
自分以外の経験やストーリを作って歌詞を書くこともある。

と語っています。

歌を歌っている人が作詞をしている場合、
その人の心情や体験が書かれることが多いと言われています。
浜崎あゆみさんや西野カナさんなども、自身の経験や感情を基にして
歌詞に書いてイメージです。
安斉さんも、いろんな経験をされてきた方なのでしょうか?

芸能活動を始めたのは、約1年ほど前。
1年目にして、ドラマの初出演・初主演というのは、
スピード感があり、大物感が出ていますね☆

Mで浜崎さん役を演じる

今回、「M」で、三浦翔平さんとW主演という形で、主人公を演じています。
このドラマが本格的な演技に初挑戦で、ドラマ初出演・初主演です。

avexで大活躍していた浜崎あゆみさんを演じるということは、
安斉さんは、avex期待の新人ということになりそうですね。

浜崎さんも、歌手であり、自身で作詞をされています。
安斉さんと浜崎さん、似ている部分も多いのかもしれないですね。

どんな経緯で選ばれたかまでは、調べてみたのですが見つけることが出来ませんでした。
今後、選ばれた経緯が分かれば追記していきたいと思います!

活動範囲

モデルとして、歌手として、女優として活動をしている安斉さん。
InstagramやTwitterもあり、
Instagramは、フォロワーが約4万人います。(2020年4月28日時点)
投稿には、雑誌のような写真が多数ありました。
モデルもしているので、スタイルがいいですね♪

まとめ

浜崎あゆみさんは、私が学生時代とても流行っていて、
音楽番組で見ない日はないぐらい、平成の歌姫として大活躍でした。

まだ、「M」は読んだことはありませんが、
発売のニュースを見たときに、その内容に衝撃を受けました。
そして、ドラマ化されるというのもさらに衝撃でした。

主人公を演じている安斉かれんさん。
モデルとして芸能活動をスタートし、歌手や女優としても活動の幅を広げています。
まだ芸能活動をスタートして約1年ほど。
avexという大きな事務所に所属しているのもあるかもしれませんが、
たった1年の間で、多数のジャンルで活動できるのはすごいですね。
これからの活動にも注目ですね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です