痩せやすくなるために♪

みかのんです♪

30代に入り、20代の頃と同じ量を食べているのに、なぜか体重が減りにくくなったり、痩せにくくなったりしてきました。

年とともに、基礎代謝が落ちてしまうのが原因の1つですが、調べてみると生活に気をつけるだけで、基礎代謝がアップ出来る!

私は、食べるのが好きなので、食べる量を減らすのはストレスになるので、食べる量は変えずに現状を維持するためにはどうしたらよいか実践していることを書いていきたいと思います。

朝お水やお白湯をとる

一番最初のブログで書いた、「お白湯」。

最初は、美肌になりたい、冷え性を改善したい、と思い始めたお白湯生活。

調べてみると、基礎代謝を上げるのにも効果がある!

朝、お水やお白湯をコップ1杯飲むことで、水分補給ができ、血行がよくなり基礎代謝のアップが図れるとありました。

私はお白湯を飲んでいますが、冬の間も体重の変化がなく過ごせました。お白湯を飲んで快調になったのもあると思いますが、基礎代謝の維持ができていたのだと思います。

一石二鳥の効果です♪

お白湯は万能な飲み物ですね!

階段を使ったり、歩く♪

筋肉が落ちることで、基礎代謝も落ちてしまいます。筋肉量は年齢とともに低下してしまうみたいです。

ただ、そこであきらめるのではなく、日々ちょっとしたことで運動量を稼いでいます。

運動することで、カロリーを消費しつつ、筋肉量の維持になっています。

ジムに行ったり本格的にするのは続かず苦手なので、毎日、歩くことに意識しています。

まだまだ、ついエスカレーターを使ってしまうのですが、余裕があるときは、階段を使うようにしています。ただ、仕事の終わりや疲れている時は、無理して階段を選ばず、エスカレーターを使ったりもしています。無理せず、出来る範囲でを心がけています。

あと、私は自宅から最寄りの駅まで15分ぐらい歩くので、仕事の行き帰りでいい運動になっています。歩くときは、少し早歩きぐらいの速度で歩くように気を付けています。

そして、私の1日の目標は、1万歩歩くことです♪

今は簡単にスマホで歩数がわかるので、今日はこれぐらい歩いたんだ♪と見るようにしています。

毎日、1万歩歩けているわけではないですが、余裕があるときや休みの日は1万歩以上歩くこともあるので、平均すると1日1万歩のペースで歩けていると思います♪

湯船につかる

湯船につかることで体が温まり、血流がよくなることで、老廃物が排出されやすくなったり、むくみの解消にもなります。

そして、湯船につかるだけで、カロリーを消費出来る♪

私は、湯船につかって温まるのが好きなのでほぼ毎日お風呂に入っていますが、お風呂につかると、全身が温まりむくみが取れています。

お風呂の水圧で、血流を促したり筋肉をほぐしてくれるマッサージ効果もあるのだとか。

毎日の、ちょっとしたことで、痩せやすい体質に変えていけます。

私も、やっていることが効果があることもわかったので、日々続けていきたいと思います!

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です