ギャル曽根は、大食いなのになぜあんなに細いの!?

大食い番組で、気持ちいいくらいに食べている、
大食いクイーンと言われている、ギャル曽根さん。

一般的には「食べたら太る」と言われていますが、
ギャル曽根さんはいくつもの大食いを披露しているにも関わらず、
体形に変化がほとんどみられていない!!

女性にとって、どんなに食べても太らないのは、夢のようです!
そこで、どうしてギャル曽根さんは、食べても太らないかを
調べてみたいと思います。

プロフィール


引用:yahoo.co.jp

生年月日:1985年12月4日
身長:162㎝
体重:45㎏
BMI:17.1
BMIは肥満度を知るときによく使います。
BMIが18.5~25未満が標準と言われていますが、
ギャル曽根さんは、「痩せ」に入ります。

たくさん食べても痩せている、というのは、女性からしたら理想の体質です。
羨ましすぎます!

太らない理由

一般的に、たくさん食べる人は、太っているというイメージがあります。
しかし、ギャル曽根さんは、細い! そして、体重も軽い!
よく食べる人がいたとしても、食べれて2人前ほどだと思います。
しかし、ギャル曽根さんは2人前以上をペロっと食べていて、
そして、お腹がいっぱいになっていないみたいです。
ギャル曽根さんの体は、どうなっているのでしょうか!!

なんと、、、ギャル曽根さんの胃に普通の人との違いがあるようです!

食べ物が入ると、胃に蓄えられます。
大きく膨らむと2L程度まで食べ物や飲み物を蓄えることが出来ます。
しかし、ギャル曽根さんの胃は、
食べると普段の15倍にも膨らむとのことなんです!!
普通の人では、ありえない!

そして、もう1つの特徴が、普通は、
胃に入った食べ物は普通は3~5時間ほどかけて小腸に移動し、
食べてから24時間ほどで排泄します。
ですが、ギャル曽根さんは、たったの2~3時間で排泄してしまうそうなんです。

そして、腸内の善玉菌である、ビフィズス菌も通常の人の3倍ほどいるみたいです。

特別な体質ですね!

しかし、その原因は、「吸収不良症候群」ではないかとのことでした。
吸収不良症候群とは、その名の通り、
栄養が吸収されずに体の外に出てしまう症状です。
そして、体が痩せたり、栄養不足になってしまいます。

ただ、ギャル曽根さんは、痩せてはいますが、
テレビで見る限りはとても健康そうですね!
なので、吸収不良症候群ではないかもしれませんが、
食べても太らないのはほんとにうらやましい限り!

これからもギャル曽根さんの気持ちいい食べっぷりを期待しましょう♪

最後まで読んで頂きありがとうございました

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です