ブラックサンダー(有楽製菓)の社長、河合辰信がかっこいい!

手軽に食べれて、チョコをしっかり味わえる、ブラックサンダー。

ブラックサンダーを作っているのは、
有楽製菓という、お菓子メーカーです。

その有楽製菓の社長を務めているのが、
河合辰信さん

河合辰信さん、現在38歳と若いですが、
父から社長を継ぎ、今年で3年目に入る、
3代目の社長さんです。

河合辰信さん、若くてかっこいい、イケメンの男性でした!

これはどんな人なのか調べてみなければ♪、と思い立ち、
調べたので、見ていきたいと思います!

スポンサードリンク

河合辰信さんのプロフィールや経歴は?

1982年11月30日生まれ、現在38歳(2021年5月時点)

愛知県豊橋市出身

兄と妹がいる、3人兄弟の真ん中で育つ。

2005年、横浜国立大学工学部電子情報工学科を卒業
2007年、横浜国立大学院工学部物理情報工学専攻修了

小さいころは、家業を継ぐことは考えていなかったそうです。
というのも、父である有楽製菓2代目社長であった、河合伴治さんが、
「会社には、1人しか入社させない」と言っていたこと。
しかし、河合さん自身、
「何かしらのサポートが出来たらいいな」とは考えていたそうです。

大学時代に電子情報工学を学び、
大学院では生産管理システムを研究する。

2007年シスコシステムズ合同会社入社。
システムエンジニアとして、大手製造業を担当。

しかし、2007年の5月に、河合さんの兄が急死してしまいます。
そのため、「家業を継ぐのは自分しかないだろう」と考え始めます。

2010年、28歳の時に有楽製菓に入社。
製造現場である工場勤務、商品企画開発を経て、
マーケティングの立ち上げや人事部の立ち上げに関わり、
営業の統括も兼務。

これもすべて、河合さんの父の指示の元だったそうで、
社長になるために、経験しておいてほしい所を一通り回ったそうです。

2013年10月、取締役へ就任、
2016年10月に、常務取締役へ就任。

2018年2月、父より、社長を引き継ぎ、3代目社長となる。
河合辰信さん、35歳の時です。

父の河合伴治さんは、会長職に就いています。

有楽製菓に入社後、いろんな部署を経験しているんですね!

会社の経営に必要な、マーケティングや
人事部の立ち上げに関わっていました。

河合さんのお父さんは、すばらしい経営者ですね!

河合辰信さんがかっこいい!

現在、38歳の河合辰信さん。

さわやかな、イケメンの社長さんですよね!

スーツが似合っていて、かっこいいです♪

さわやかな感じがいいですよね☆

笑顔も素敵ですよね!

若くて、かっこいい社長さんがいるとなると、
仕事もはかどって、頑張れそうですよね!

同じくイケメンの若手経営者の、野島亮司さん
家電業界6位の、「ノジマ」の副社長さんです!

野島廣司(ノジマ社長)の息子、野島亮司はイケメンの若手経営者!
2021年2月18日放送の「カンブリア宮殿」に、 家電量販店の「ノジマ」の社長である、 野島廣司さんが出演します。 ノジマは、家電...

有楽製菓とは?

有楽製菓は、昭和30年に創業された会社です。

本社は、東京都小平市にありました!

ブラックサンダーが有名ですが、
他のお菓子は何が有名なのでしょうか?

調べてみると、
ブラックサンダー一筋の会社でした!


引用:yurakuseika.co.jp

ブラックサンダーにも、いろんな種類があり、
ホワイトチョコやグラノーラが入ったブラックサンダーが
ありました!

いろんな味を楽しむことが出来ますね!

スポンサードリンク

まとめ

ブラックサンダーを作っている、有楽製菓。

その有楽製菓の社長である、河合辰信さん。

現在38歳と若いですが、
社長になってすでに3年目。

これからも会社を成長させていくことに、
意欲的に取り組まれているようです!

河合さん、男前でかっこいいですよね!
さわやか系イケメンの若手社長さんでした⭐

最後まで読んで頂きありがとうございました♪

スポンサーリンク







  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク




コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です